イヤなこと全部やめちゃった! 毎日が夏休みなアラフォー夫婦の日記

2015 / 11 / 10 (Tue)    お酒(BAR レモン・ハート)
毎週楽しみにしてるドラマ「BARレモン・ハート」の、
来週の放送内容が謎めいてます。

というのは、来週のテレビ欄を見てみると、
第1回目に放送された「再会」「女医さんとデート」と同じタイトルなのです。

だけど、再放送のマークがないんです・・・ どういうことかな?

ストーリーは同じだけど、古谷先生のBAR情報が違うとか構成が変わるとか?

ま、何にしろ来週もあるというのは嬉しいです。

BARレモン・ハート

このグラスの描き方、上手ですね。

ちなみに、今週の日曜は再放送がないような気がする。見つからない。

見逃した人は、もしかしたらYOUTUBEとかで見れるかもしれないけど。

ドラマ、終わらずにずっと続いてほしいなぁ。


今週登場したお酒は・・・

コーン・ウイスキーのロックを注文した客に対して・・・
   1本目の提案は、プラットバレー(PLATTE VALLEY)
   2本目の提案は、メロウ・コーン(MELLOW CORN)
   3本目で出したのは、変わった瓶のジョージア・ムーン(GEORGIA MOON)
   ジョージア・ムーンは製造から30日以内に瓶詰される無色透明のお酒

南米ガイアナ共和国のラム
   レモン・ハート・デメララ(LEMON HART 151)
   アルコール度数は75.5 (プルーフ151を2で割ったものがアルコール度数)
   日本では40度のものはあるけど、75.5度は手に入りにくいらしい   

アルメニア共和国のブランデー
   アララット20年(ARARAT)
   ノアの方舟が漂着したといわれるアララット山の麓のぶどうと湧水を使用
                                                                              Comment:0
2015 / 11 / 03 (Tue)    お酒(BAR レモン・ハート)
昨夜のドラマ「BARレモンハート」で登場したお酒は・・・

フランス・プロヴァンスのアブサン
   エクストリーム・アブサン
   アルコール70度 緑の妖精、緑の悪魔と呼ばれている

オランダ・ジン
  バンウィージン3年 (WEESOPPER GENEVER)
  1782年創業以来、一貫して手造りにこだわったジン
  江戸時代にオランダから長崎に輸入されていたデルフト焼きを復刻したボトル

そして、ベルギービールの「グーデン・カロルス・キュヴェ・ヴァン・ド・ケイゼル・ブルー」

このビールは、神聖ローマ皇帝カール5世の生まれ故郷のメッヘレンで、
カール5世の誕生日、2月24日に15000本だけ造られる特別なビールです。

カール5世といえば思い出すのが、ヴァチカン市国のスイス人衛兵。

カール5世のローマ侵攻の際、教皇を守るためスイス人衛兵が勇敢に戦ったので、
ヴァチカン市国の警護はスイス人限定になったそうです。

写真は、ヴァチカン市国に行った時に撮ったものですが、
確かに勇敢そうな感じにビシっと警護してました。

ヴァチカン市国のスイス人衛兵

この制服をデザインしたのはミケランジェロなんだとか。


ドラマの話に戻って・・・ 実在するBARレモンハートを紹介してました。

原作者の古谷三敏先生のお店なので本物。

漫画が先に誕生して、酒好きの先生の自宅にお酒が売るほどたまったので
「じゃあ売ろうじゃないか」ということになりBARが誕生したそうです。

漫画「BARレモンハート第7巻」の表紙が、開店当初のお店の写真で、
そこに写ってる女性は初代マスターの古谷先生の長女の三香さん。

その表紙でメガネさんに扮装してるのが古谷先生で、
陶器のボトルのドイツのジン「シュリヒテ シュタインヘーガー」を飲んでますね。

BARレモンハートには漫画に登場したような珍しいお酒も置いてあり、
現在の6代目マスターは、古谷先生の孫の陸さんだそうです。

BARレモン・ハートの所在は、東京都練馬区東大泉4-2-15 原田屋ビル B1F
                                                                              Comment:0
2015 / 10 / 28 (Wed)    お酒(BAR レモン・ハート)
第4回目のドラマ「BARレモンハート」で
マスターが、ゴードン・ジンを使ってジン・トニックを作ってました。

ゴードン・ジンを見て思い出すのは映画「スティング」

ポール・ニューマンが列車の中で、ゴードン・ジンを口に付けて
酔ったふりしながらポーカーをするシーンがあります。

ゴードン・ジン


そんなことを思い出しながらドラマを見てると、
次はアイリッシュ・ウイスキーの「ブッシュミルズ(BUSHMILLS)」が登場。

ブッシュミルズと言えば、これまた同じ映画「スティング」で、
ロバート・レッドフォードが飲んでたお酒です。

「スティング」は私の一番好きな映画なのでもう何回も観てるけど、
また観たくなってしまった。


ドラマの話に戻って・・・

ブッシュミルズを飲んだ人が子供の頃に麦踏みをした話をしてたけど、
私は麦ではなくて、米の稲刈り後の切り株みたいなのを踏むのが好きでした。

秋から冬は田んぼで野球したり、たこあげして遊んでたので、
あの短かくて固い稲の残りをクキュッって感じに踏むのが気持ち良かった。

そういえば、麦踏みは麦にとって良い事みたいだけど、
稲の切り株は踏んでも良かったのかな? 悪い事じゃなきゃいいけど。


今回登場したお酒&BARは・・・

アイリッシュ・ウイスキー
   ブッシュミルズ・シングルモルト10年
   世界最古の蒸留所

鷹のファンシーボトルに入っていたスコッチ・ウイスキー
   ホワイト&マッカイ(WHYTE&MACKAY)

BARレモン・ハートの原作者、古谷三敏さんおすすめのBAR
   「ネ・プラス・ウルトラ六本木(Ne Plus Ultra 六本木)」
   東京都港区六本木4丁目9-1 ※会員制・会員募集中
   年代物のオールド・ボトルや葉巻が豊富なお店
   水割の作り方が漫画「BARレモンハート・究極の水割り」のモデルになった
                                                                              Comment:0