イヤなこと全部やめちゃった! 毎日が夏休みなアラフォー夫婦の日記

2016 / 07 / 29 (Fri)    食べ物
入道雲が浮かぶ青空、カンカン照りの真夏がやってきました。

6月から漬けていた梅を干すには絶好の太陽です。

夫と2人で、150個ほどの梅を並べていきました。

梅の土用干し


干してない梅はどんな味がするのか気になったので、
ひとつを半分こして食べてみると・・・

身が柔らか過ぎて、味に深みがなくて、やっぱり干した方が美味しいです。

これだけ味の差があるなら、干す価値がありますね。

3日間、太陽に思いっきりあてて美味しく仕上がりますように。

自家製梅干しの作り方は続きへ。
低塩梅干しの作り方

【材料】 (4リットルの密閉瓶 1瓶分)
 ・梅  2kg
   ※梅酒用の青梅ではなく、梅干し用の黄色い梅
   ※南高梅が梅干しに向いてます

 ・塩  160g
   ※塩分はお好みで8%~20%ですが、私は8%なので160g

 ・ホワイトリカー(35度のアルコール)  約100cc

(梅を漬けてから約1週間後に用意するもの)
 ・赤じその葉  約100~200g (買いやすい分量で良い)
 ・塩 (赤じその20%)  20~40g

(7月下旬の土用干しの時に用意するもの)
 ・梅を干すザル
   ※梅干し専用のザルがホームセンターなどで売ってます


【作り方】
 ①.梅が青い場合は、ビニール袋から出して1~2日常温で置いて追熟させる。
 ②.梅がほんのり黄色くなって、良い香りがしてきたらOK。
 ③.梅を一粒ずつ丁寧に洗う。
   ※南高梅の説明書に、南高梅はアクが無いので水で洗うだけで、
    長時間水に浸けないでくださいと書いてあるので、水で洗うだけでOK。
   ※南高梅以外のアクのある梅の場合は、洗ってから2時間ほど水に浸してもいい。

   梅


 ④.梅を一粒ずつキッチンペーパーで丁寧にふく。
 ⑤.梅を広げて4時間ほどおいて、水分をしっかり飛ばす。
 ⑥.つまようじを使って、梅のヘタを一粒ずつ取り除く。
 ⑦.さらに4時間ほどおいて、ヘタの部分の水分もしっかり飛ばす。
   ※4時間乾かすなどと書きましたが、都合の良い時間でOK。
   ※例えば夜寝る前に梅を洗ったなら、翌朝まで乾かしておけばいいです。
   ※とにかく梅の表面の水分をしっかり乾かしてください。

 ⑧.瓶をよく洗ってふいて、乾かしておく。
 ⑨.瓶の中にホワイトリカーを入れて全体に回して消毒する。
 ⑩.ホワイトリカーをお皿に出す。
 ⑪.別のお皿に塩を入れる。
 ⑫.梅を一粒ずつホワイトリカーにまぶしてから、塩をまぶして、瓶に入れる。
 ⑬.梅を一粒ずつ全て瓶に入れたら、残ったホワイトリカーを入れ、塩を上にのせる。
 ⑭.フタをして3~4日、そのまま置いておく。

   梅


【梅を漬けてから3~4日目ぐらい】
 ①.梅から出てきた水分が全体に行き渡るように、瓶を優しく回す。
 ②.毎日、一日2~3回まわします。
 ③.強く振ると梅がつぶれたり、フタから汁が漏れるので、優しく。


【梅を漬けてから一週間後ぐらい】
 ①.赤じその茎はいらないので、葉をちぎる。

   赤じそ


 ②.汚い葉は捨てる。
 ③.赤じその葉を洗って、水気をしっかり切る (ぎゅっと絞ってもいい)
 ④.赤じその葉を広げて水分をしっかり飛ばす。
 ⑤.ボウルに赤じそを入れ、分量の半分の塩をふって、塩もみする。
 ⑥.もんでるうちに黒い汁が出てくるので、赤じそを固く絞って汁は捨てる。
 ⑦.残りの塩を加えてさらにもんで絞り、再び出てきた黒い汁を捨てる。
   ※当たり前だけど、この間ボウルも手も洗わないこと。
   ※絶対に水を加えないように。

 ⑧.梅の瓶の中の汁(梅酢)を少し(お玉半分ぐらい)赤じそに加えて混ぜる。
 ⑨.梅酢をかけたとたんに真っ赤になります。
   ※手も真っ赤になる。

 ⑩.赤じそを入れてたボウルに梅を半分ぐらい出して、瓶の中に赤じそを入れていく。
 ⑪.梅と赤じそがまんべんなく交互になるように、梅も赤じそも瓶の中に入れる。
 ⑫.直射日光の当たらないところにおく。
 ⑬.赤い梅酢が全体に行き渡るように、一日一回ぐらい瓶を回す。

   IMG_6429-s.jpg


【土用干しの日まで】
 ①.7月下旬の土用の日まで、直射日光の当たらないところにおく。
 ②.赤い梅酢が全体に行き渡るように、ときどき瓶を回す。

   IMG_6455-s.jpg


【7月下旬~8月上旬のよく晴れた日】
 ①.よく晴れた暑い日が3日続きそうな日に干します。
 ②.朝10時ぐらい~夕方4時ぐらいに、太陽の下に干す。
 ③.平らな大きいザルに、梅を一粒ずつ並べて干す。
   
   梅干し

     
 ④.途中、昼過ぎぐらいに裏返す (暇なら何回でも裏返していい)
 ⑤.雨が降ってきて濡れないように、ご注意。
   ※にわか雨ならしばらく部屋に入れておけばいい。
   ※雨や急用で干せなくなったら、瓶に戻し入れておけばOK。

 ⑥.梅酢と赤じそが入ってる瓶のフタを開けて、太陽にあてる。
   ※虫などが入らないように、網をのせておくと良い。
   ※瓶を太陽の下におくのは一日だけ。2日目から瓶は部屋の中でいい。

 ⑦.夕方4時頃、梅を瓶の中に戻し入れてもいいし、ザルのまま部屋に入れてもいい。
   ※部屋にクーラーがかかってる場合は、瓶に入れておく。
   ※瓶に入れて夜を明かす場合、梅酢を取り除いた瓶に入れること。
   ※本来は、3日3晩干すといわれていて夜中も干して夜露をつけるとか言うけど、
     夜中に干しておくのは心配が多いので私は夜は干してません。

 ⑧.2日目も晴れたら干して、3日目も晴れたら干して、完成。
 ⑨.もしも晴れなかったら、晴れる日まで待って干せばOK。
 ⑩.保存は梅酢に漬けてでもいいし、梅酢に漬けずに瓶で保存してもいい。
 ⑪.私は梅酢には漬けずに瓶で保存してます。
 ⑫.梅酢には新ショウガ(土生姜じゃなくて新生姜)を漬けて紅ショウガを作ってます。
    ※自家製の紅ショウガもおいしいですよ。

                                                                              Comment:0
Secret