イヤなこと全部やめちゃった! 毎日が夏休みなアラフォー夫婦の日記

2016 / 09 / 03 (Sat)    石の採集 メノウ 茨城県玉川
昨日も夫婦で石拾い。

朝早めに起きてちょっと遠くまで車を走らせ、
茨城県常陸大宮市を流れる緒川の河原を巡りながら綺麗な石探し。

気温33度の炎天下、ちょっと頭がボーッとなりながら・・・

緒川は「道の駅みわ(常陸大宮市)」辺りから、
「道の駅かつら(城里町)」まで流れて那珂川と合流する川です。

写真は「道の駅かつら」からの風景で、那珂川大橋と那珂川で、
この道の駅は、キャンプやバーベキューをしても良い場所みたいでしたよ。

那珂川大橋


ここから緒川の上流へと車で河原へ下りられそうな所を探して・・・

緒川


ちょうど稲刈りの真っ最中の時期なので、稲刈りをしてる人の横を通り過ぎ、
草の生えてる河原へ下り、のろのろ歩きながら石を探す、なんとも怪しい2人組w


緒川


投網で魚をとってる人もいました。

またゆっくり上に行くと、高館山の西にある小町橋が通行止めだったので、
歩いて小町橋を渡ってみたけど、ヒビが入ってて崩れそうな古い橋。

小町橋


小町橋を渡って少し歩くと新しい立派な橋ができてて、名前が小町橋でした。

あぁ、もうあの古い小町橋はなくなるのかと思うとちょっと寂しい、
趣のある橋なのに・・・ まぁでも渡れない橋は橋とは言えないか・・・

緒川


で、小町橋の下は草が多すぎて河原へ下りられず、ここで引き返して帰宅しました。

緒川をすべて見ることはできず、半分ほどで引き返すことになったけど、
河原へ下りられたのは3ヶ所位で、持ち帰った石は夫も私も5個ずつ。

後日、新潟県糸魚川市にあるフォッサマグナミュージアムで鑑定してもらった結果、
夫が拾った石に瑪瑙(めのう)がありました。

縞がよく見えないので玉髄かなぁと思ってたので尋ねたんだけど、
瑪瑙ということで、嬉しかったです。

瑪瑙


さらに、珪化木(けいかぼく)もありました。

なぜかミュージアムには名札が無いみたいで、学芸員さんの手書きの名札です。

珪化木

珪化木は古代の樹木が石化したもので、少し瑪瑙がくっついてて可愛い。
                                                                              Comment:0
Secret