イヤなこと全部やめちゃった! 毎日が夏休みなアラフォー夫婦の日記

午後からは、青海河口の海岸に来ました。

前回来た時は水が少なくて青海川の方までけっこう歩いて行けたのに、
今回は水が多かったのでぜんぜん雰囲気が違う感じ。

やっぱり石はその場にじっとしてないもんですね、だから翡翠探しが面白い。

青海河口


ここでは夕暮れ時までいたけどヒスイは拾えなくて、
ホテル(ルートイン糸魚川)に帰ってゆっくり休みました。


今回、糸魚川に来る前に姫川薬石の特徴(虎模様で孔が開いてるもの)
を見ておいたので、ゲットできて嬉しかった。

一番微妙な柄の石をフォッサマグナミュ-ジアムで鑑定に出したけど薬石で、
拾ったの全部が薬石だと言っていただけました。

姫川薬石=石英斑岩


名札は石英斑岩(せきえいはんがん)でしたが、薬石だそうです。

薬石をお風呂に入れたり、飲み物に入れたりすると体にとても良いらしい。

効能がたくさんあって、ガンが治るなんていう話もあるけど
体が温まるということは絶対に体に良いことですものね。

腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、美容に良いなど、効果はたくさんあるみたいだけど、
体が温まることによって良くなることはたくさんあるので当然でしょう。

なので、早速お風呂に入れました。

お風呂で薬石をさわって遊んでたらいつもより長風呂になってしまって温まったw

姫川薬石


それと枕元に置いておくと、悪夢を見ずに熟睡できると言ってる人もいたので
私も枕元に5個ぐらい置いて寝ることにしました。

だいたい夜中の3時頃に目が覚めてトイレに行ったりラジオを聞いたりすることが
多いんだけど、薬石を置いてからは目が覚めてもまたすぐに眠れるようになった。

夢は毎日見るけど、初めて薬石を置いて寝た日に見た夢は、
誰かの家の広いお庭に大きなヒスイがあちこちにボンボン置いてあるのを
眺めながら散歩してるという、のどかな夢でした。

「薬石があるから大丈夫」と信じてる人は心も体もリラックスするので
当然効果があると思います。

私は薬石のパワーを信じてるけど、夫はまったく信じてないw
                                                                              Comment:0
Secret